トップ > 魔王・勇者・ファンタジー > 「時の王がやられたようだな……やつは我ら四天王の中でも……」
0 コメント1 件の高評価

「時の王がやられたようだな……やつは我ら四天王の中でも……」

転載元:「時の王がやられたようだな……やつは我ら四天王の中でも……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:16:02.72 ID:NUQX2jsR0
技「クク……」

勇者「クッ、奴が四天王の中でも最弱とでもいうのか……!?」

技(え、やばい。時さん負けちゃったの?)

力(俺ら四天王の中でも明らかに最強だったんだが)

知(どうするのよ!勇者きてるよ!)

力(お前知恵の王だろ、なんか策考えろよ)

知(じゃあ力のアンタがぶっ飛ばしてきてよ)

力(ああ!?時の兄貴を倒したやつに勝てる訳ねえだろ!)

技(やめなよ。みんなで協力してどうにか誤魔化そう)

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:20:23.27 ID:rXjm2JNSP
ワロタ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:22:08.48 ID:NUQX2jsR0
勇者(まずい。圧倒的にまずい)

僧侶(さっきので最弱なら、ぼくたち勝てっこないですね)

勇者(厨キャラの剣聖が時のやつと刺し違えちゃったからな)

戦士(我々は剣聖をいいように使い、自己研鑚を怠っていた)

僧侶(ぼくのレベル、初級回復魔法と蘇生魔法覚えたとこで止まってます)

勇者(俺もそんな感じだわ)

戦士(言っておくが)

勇者(む?)

戦士(私は剣聖の完全下位互換だ)

僧侶(ですよね)

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:25:00.27 ID:NUQX2jsR0
力(あれ、勇者PT一人少なくね)

技(ほんとだ。誰がいないのかな)

知(あー、あいつだ。なんだっけ……)

力(わかんねえ)

知(まあ、真っ先にやられちゃってるから多分雑魚でしょ)

力(だろうな)

技(ちょっと思いついたことあるんだけど、やってみていい?)

知(いいよ)

力(おう)

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:29:37.64 ID:NUQX2jsR0
技「貴様らの実力、中々に見事……気に入ったぞ」

勇者「……」

技「どうだ。我らが魔王様の軍門に下らぬか?」

勇者「なっ!?」

技「丁度四天王の椅子も一つ空いた所だ」

技「千年の不老を誇る魔族の体も与えよう……」

勇者「戯言を……!」

技「クク……悪い話ではないはずだ……」

勇者(下るか)

僧侶(そうしましょう)

戦士(すまない。今の私ではやつらには勝てん)

僧侶(わかってます)

勇者(決まりだな。交渉してくるぞ)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:32:54.57 ID:NUQX2jsR0
技(え、やばい。戯言をとか言って怒ってるし勇者こっちくる)

力(バカ!おめえあんなの勇者が乗る訳ねえだろ!)

知(それどころか怒りで更なる力を得るパターンだよ!)

技(ごめん、ほんとごめん)

力(いや悪い、言い過ぎた。あんまり気にすんな。俺も代案ないし)

技(ありがとう)

知(とりあえず今のはなかったことにするからね)

力(頼むぜ)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:36:31.75 ID:NUQX2jsR0
勇者「お前らの提案に

知「フフ……嘘に決まってるでしょ」

勇者「何ッ!?」

知「もしかして本気にしちゃったかしら?」

僧侶「フウン。なかなか面白い冗談ですねえ」

戦士「あたいは何よりも魔族を憎んでるんだ!仲間になんかなるもんか!」

勇者「そうだ……王国の平和のため……お前らを討つ!」

力「ヒヒッ!おもしれえ!かかって来やがれ!」

僧侶(討つ!じゃないですよ)

勇者(討てないんだった)

戦士(己の力量を過信するな)

勇者(なんかお前には言われたくないな)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:37:33.14 ID:rXjm2JNSP
噛みあわねぇなw

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:40:15.74 ID:NUQX2jsR0
知(ちょちょちょ、かかって来いとか言わないでよ!)

力(もう勇者今にも来そうだし変わんねえよ!)

知(あーもう!どうしたらいいの!)

技(こういうときに時さんがいたらなあ)

知(いつも先導してくれたもんね)

力(正直俺たち、力も知恵も技も何一つ兄貴に勝てなかったよな)

技(優しくて強い、本当に良い人だったよね)

力(兄貴……死んじまったんだなあ)

知(……思い出に浸ってる場合じゃないよ!)

技(でも、勇者たち向かってこないね)

知(そだね。装備かえたりしてるのかな?)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:43:02.61 ID:NUQX2jsR0
勇者(まずい。もう引っ込みつかないぞこれ)

僧侶(やるしかありませんか……)

戦士(そのようだな)

勇者(なら俺が行こう)

戦士(皆で戦うのではないのか?)

勇者(勇者がやられればゲームオーバーだからな)

勇者(その時はお前ら全力で逃げろ)

僧侶(あなたって人は……やはり勇者様なんですね)

戦士(すまない)

勇者(よせよ。まあ行ってくる)

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:46:47.17 ID:NUQX2jsR0
技(あれ、勇者一人で来た)

勇者「三人まとめて来い!俺一人で葬ってやる!!」

技(こわっ)

知(どどどどうしよう!?み、みんなで戦えば勝てるかな……?)

力(そういうのは……多分、兄貴が一番嫌いなやり方だよなあ)

知(そ、そうだね……そうだよね)

技(うん)

力「オレ様が相手をしてやるぜ!!拳が疼いて仕方ねえ!!」

勇者「一人でいいのか?魔族の癖に意外とフェアーじゃないか」

知(力!?突然何を!?)

力(四天王の先鋒はパワータイプって決まってるだろ)

技(先鋒、時さんだったけど)

力(うるせえ!黙って見てろ!)

技(うん……ありがとう)

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:50:05.02 ID:NUQX2jsR0
勇者「俺は勇者だ。名を名乗れ」

力「力の王!!とっととおっぱじめようぜ!!」

勇者「なるほど。ならばその名を剣聖の墓標に刻むとしよう」

力「やってみなあ!!」

勇者「うおお!!!」

力「グオオオ!!!」

ガキイイイイイイイイイイイン……

勇者(!……こいつ!)

力(……弱い!)

ババッ

勇者「やるじゃないか」

力「おめえもなあ!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:53:21.71 ID:NUQX2jsR0
ガキイン!キイン!ゴイイン!!

僧侶(これは……どういうことでしょう)

戦士(互角だな)

僧侶(勇者の秘められた力……それとも)

戦士(それともだろうな)

僧侶(ですよね。こういうこともあるんですね)

ギキイン!ジャーン!ビシャーン!

戦士(長引きそうだな)

僧侶(ええ)

戦士(……)

僧侶(……)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:56:40.08 ID:NUQX2jsR0
技(勇者も弱かったんだ)

知(そう……みたいだね)

技(長引きそうだね)

知(ねー)

技(……知恵ちゃんはなんで知恵の王になったの?)

知(えっ、なんでって言われても。魔王様に……その、選ばれてだよ)

技(そうなんだ)

知(そ、そうだよ。技はなんで技の王に?)

技(これ)

ニョキモッサ…

知(うわっすごい!手から木の枝が!)

技(そう。枝なんだ。枝の王で応募したんだけど、魔王様漢字間違えたみたいで)

知(あー)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:57:34.35 ID:NUQX2jsR0
知(さっき魔王様に選ばれたって言ったけどね)

技(うん)

知(ほんとは、ロビーのテレビでトリビア見てたら、魔王様がきて)

知(「じゃあお前知恵な!」って)

技(あー)

技(知恵じゃなくてムダ知識だったんだ)

知(うん)

技(そういえば、力って少し太ってるじゃない)

知(言うほどでもないけど、少しは太ってるね)

技(うん。それで力なんだって)

知(ふうん……)

バキッ!ガシッ!ジインー!!

技(終わらないね)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 06:59:54.26 ID:NUQX2jsR0
勇者「くっ!」

力「ヌウウウ!!」

ガガガ!!バババッ!!

知(ねえ、力って好きな人とかいるのかな)

技(さあ?そういう話はあんまりしないなあ)

知(そうなのかあ)

僧侶「あの、ちょっといいですか」

技「あ、はい」

戦士「勇者殿と力殿はああして頑張っているが、休戦を申し出たい」

僧侶「ぼくたち、みんなあの程度です」

技「あー」

知「私たちもそんな感じ」

技「そうだね。お互い出直して来たほうがいい感じだよね」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:00:45.76 ID:OQhwx0Cu0
こいつら悪いことしてなさそうだな

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:03:10.99 ID:IALV7cyq0
あの程度ですって頑張ってんのにヒドスwwwwwwwwww

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:03:38.37 ID:NUQX2jsR0
知「力と勇者さん!そういうことなんだけど、どうかなー?」

ガギン!

勇者「そういうことなら、俺は構わないけど」

バキッ!

力「……俺は嫌だ!」

知「……!」

力「こいつら、時の兄貴の仇なんだぜ!もう少し、もう少しで倒せそうなんだ……!」

技「力……そうだよね」

知「……うん。時兄さんの仇、頑張れば取れるかもしれない」

技「僧侶さん、悪いけどこの話は」

僧侶「蘇生魔法あります」

力「あ、それならいいわ」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:08:07.91 ID:+wrnIUbBO
剣聖さん蘇生しろよ

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:08:59.32 ID:NUQX2jsR0
僧侶「蘇生魔法!」

時「うっ!こ、これは一体……?」

技「時さん!よかった!」

時「何がどうなってるんだ」

知「かくかくしかじかなのよ」

時「なるほど。心配をかけたな」

力「お前らの仲間は起こさないでいいのか?」

勇者「ああ。起こすかこいつ」

戦士「止むを得まいな」

僧侶「……蘇生魔法」

剣聖「ソーーーードマストゥアーーーーーーーーーーー!!!!」

剣聖「すまないプリースト!よしいざ四天王討伐!ややっ!こんな所にまとめて四天王が!」

ヒュン!

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:11:53.78 ID:+ZTksaa30
ああ……これはうざい

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:12:14.18 ID:IALV7cyq0
先に時さん復活してて良かったな

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:12:57.77 ID:NUQX2jsR0
知「きゃあ!」

ガキイン!

時「剣聖よ。すまないが、話を聞いてくれないか」

剣聖「問答無用!!直ちにその首を国王へ奉り申し上げるのだ!!チェエイ!!」

キイイン!!

時「かくかくしかじかなのだ」

剣聖「あいわかった、委細承知した」

勇者「凄いな、時の王」

力「だろ?ぶっちゃけ魔王より強いぜ」

戦士「それならばなぜ魔王に従っているのだ」

時「君の王は君より強いのか?」

戦士「……そうだな、私の理論だと剣聖が王になってしまう」

剣聖「ソーーーードマストゥアーーーーーーーーーーーオブザキング!???」

僧侶「やっぱりもう少し寝かせておくべきでしたかね」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:19:55.59 ID:NUQX2jsR0
勇者「それじゃ俺たち一旦退却するから」

力「おう。また来いよ」

知「結局いつかは戦うのかあ」

時「こればかりは仕方ない。実際、魔族と人間は取り返しが付かない程に敵対している」

僧侶「そうですね。いずれ決着をつけに来ます」

技「お互い強くなろうね」

戦士「うむ。もう剣聖殿に頼るのもやめにしなくてはな」

剣聖「いざ帰らん!!懐かしの我が故郷へ……!!!」

 

――数年後、勇者一行は魔族を一掃し……王国の英雄となった。

おわり

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:22:25.90 ID:Mx0OeRdu0

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:29:41.85 ID:NUQX2jsR0
勇者は魔族を狩ってLvを上げるけど魔族は人間を狩ってLvを上げないから負けてもしょうがないね
見てくれてありがとう おやすみ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 07:35:35.93 ID:yuKS34PPO

いいSSだ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 08:04:08.80 ID:HGYf8fz80
センスあるな

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/20(金) 08:18:46.78 ID:aAMEKU+hO
センスある
面白かった、乙

1 人がこのSSを高く評価しています

1

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

「魔王・勇者・ファンタジー」の記事一覧ページへ

カテゴリの最新記事

1 人がこのSSを高く評価しています

1

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

コメント