トップ > 魔王・勇者・ファンタジー > 魔王「はい四天王死んだー、今死んだー! 詰んだわー、これ詰んだわ―!」
0 コメント1 件の高評価

魔王「はい四天王死んだー、今死んだー! 詰んだわー、これ詰んだわ―!」

転載元:魔王「はい四天王死んだー、今死んだー! 詰んだわー、これ詰んだわ―!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:23:26.413 ID:7RUmyrfK0
>>3「私が力になりましょう」

魔王「お前は>>3!」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:24:03.964 ID:Gj/Y4bIia

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:24:58.204 ID:7RUmyrfK0
俺「私が力になりましょう」

魔王「お前は俺!」

俺「くくくっ、俺の圧倒的な秘められた力を解放すれば勇者など造作もないゴミですよゴミ」

魔王「でもお前の能力は>>9じゃん」

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:25:31.103 ID:Mol7kk5q0
喪女

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:27:26.686 ID:7RUmyrfK0
魔王「でもお前の能力は喪女じゃん」

俺「ええ、そうです! 俺の能力は喪女! 一見大した事のないように思えますが」

俺「この能力の真の力を解放すると>>15ができるのです!」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:28:45.466 ID:OOV2/DMZ0
相手は死ぬ

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:29:41.769 ID:7RUmyrfK0
俺「この能力の真の力を解放すると相手が死ぬのです!」

魔王「え? 強すぎない?」

俺「はい。最強です」

魔王「え? お前一人でもうよくね?」

俺「いいえ、この力には代償があるのです」

俺「それは>>20

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:30:13.157 ID:Esj3Fxa0a
死ぬ

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:32:53.013 ID:7RUmyrfK0
俺「それは死です」

魔王「おい俺、それは!」

俺「俺一人の死で魔王軍が救われるならぁ、安いもんですよぉ」

俺「へへ、それじゃあ魔王様。今まで世話になりました」

魔王「俺……俺ぇぇぇぇ……!」

俺「ああ、もう一度母ちゃんが作ってくれたカレーが食べたかったなぁ」

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:36:01.121 ID:7RUmyrfK0
戦士「大変だ勇者!」

勇者「騒々しいな、どうしたんだい?」

戦士「あたし今急に彼氏に振られたんだ!」

僧侶「私もよ! どうなってるのよいったい!」

魔法使い「私は元々彼氏いない」

戦士「聞いてねえから黙ってろよ! おい何かがおかしいぞ!」

俺「くくくっ、それは俺の能力のせいだ」

勇者「き、君はいったい何者なんだ!?」

魔王「俺! 俺! お前の母さんにカレー作ってもらってきたぞ!! ほらカレー!!」

俺「いやあの」

魔王「あ、ごめん御飯炊く!?」

俺「あの」

魔王「え、ご飯いらない!? パンで食べる!?」

俺「>>30

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:36:47.293 ID:jtGe2Mgua
俺が魔王となる

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:40:56.125 ID:7RUmyrfK0
俺「俺が魔王となる」

魔王「なん、だと?」

勇者「ナン?」 戦士「ナン?」 僧侶「ナン?」 魔法使い「ナン?」

俺「聞こえなかったか? 俺が魔王となると言ったんだ!」

勇者「君が魔王? へえ、それなら僕が倒さなくちゃ」

俺「いいや、俺はまだ魔王じゃない。これから魔王になるんだ」

勇者「魔王に、なる? どうやって?」

俺「無論、>>35

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:44:47.989 ID:Gj/Y4bIia
選挙で

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:46:56.535 ID:ZR6zyggGM
ワロタ

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:49:50.193 ID:hdDemOll0
唐突な民主主義

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:49:57.263 ID:7RUmyrfK0
俺「無論、選挙で」

魔王腹心「その言葉を待っていました!」

魔王「え?」

 

元魔王「そして我は魔王を罷免され選挙が始まった」

元魔王「我には今まで積み重ねてきた実績がある、ポッと出の俺になど負けぬと思っていたが」

元魔王「結果は大敗。今まで魔王以外の仕事をした事がない我は、こうして路頭に迷う事となったのだ……」

ホームレス「おい新入り! ごちゃごちゃうるせぇぞ!」

元魔王「す、すまぬ」

ホームレス「なーにがすまぬだ! 偉そうな口聞きやがって! まだ躾が足りねえか?」 サワサワ

元魔王「ひぃ!?」

ホームレス「へへへっ、またして欲しくなったらいつでも言いな」

元魔王「う、うぅ」

元魔王(もうこんな生活いやだ!)

元魔王「そうだ、>>40しよう」

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:50:25.758 ID:k6gTMupp0
革命を起こそう

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:54:50.882 ID:7RUmyrfK0
元魔王「そうだ、革命を起こそう」

元魔王「魔王制こそが悪なのだ!」

 

俺「くくっ、一国一城の主というのも乙だな」

腹心「魔王様、城の前に大勢の民が押し寄せています」

俺「なんだと!」

 

元魔王「魔王制はんたーい!」

『はんたーい!』

元魔王「主権を国民に返せー!」

『かえせー!』

元魔王「政治はみんなで決めよ!」

『きめよー!』

 

俺「ダブスタもいいとこじゃねえかあのジジイ」

腹心「いかがいたします?」

俺「>>44だ」

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 00:55:57.048 ID:B3DpUgvO0
逆らうやつは皆殺し

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:00:41.767 ID:7RUmyrfK0
俺「逆らうやつは皆殺しだ」

腹心「御意」

 

元魔王「魔王は出てきて交渉に応じろー! ……ん?」

ドゴォォォォォォ

『おうじぎゃあああああああ!!』 

元魔王「い、いきなり何をする!?」

魔王配下「マオウサマ、サカラウ、ミナゴロシ!」 ザクザクッ

『たすけてぇぇぇ!! ぎゃぁぁぁぁ!!』

元魔王「あ、あ……マモレナカッタ……」 ガクリッ

 

元魔王「しくしく、というわけなんです」

勇者「本当に魔王になるなんて……」

戦士「酷い奴だ。八つ当たりに殺してやる」

僧侶「あ、私は別の彼氏ができたのでいいです」

魔法使い「男紹介して」

勇者「ともかく、事情はわかったよ。僕らは>>50しよう」

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:02:42.169 ID:AiVPnzJea
腹筋

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:06:24.770 ID:7RUmyrfK0
勇者「ともかく、事情はわかったよ。僕らは腹筋しよう」

魔王「え? 腹筋するの?」

勇者「なんだい? 嫌なのかい? そんな風だから魔王に蹂躙されるんだよ」

勇者「何かを守りたいなら腹筋を鍛える! 腹筋を鍛えぬ者に何かを語る資格はない!!」

魔王「……っ」 ガーンッ ガーンッ ガーンッ ガーンッ…(エコー)

勇者「腹筋鍛える。世界を守る。わかったね?」

魔王「はい!」

 

魔王「1919072! 1919073!」

勇者「もっと早く! そんなことじゃ日が落ちるまでに1000万回終わらないよ!」

魔王「はい!」

 

そして魔王の腹筋は光を超えた。

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:09:40.846 ID:7RUmyrfK0
勇者「……僕から君に教えることはもう何もない。後は腹筋を信じて」 バシッ

魔王「はい」 ムキッ

 

俺「暇だな。魔王やめたい」

腹心「ダメです」

魔王「久しぶりだな、俺」 ムキッ

俺「あ、おう。久しぶり」

魔王「あれから我は長い筋トレ生活を続けついにこの黄金の腹筋を手に入れた」 ピカー

俺「うん」

魔王「貴様に敗れて以来、その雪辱を晴らすためだけに我は生きてきたのだ」 ムキッ

俺「うんうん」

魔王「俺よ、昔のよしみだ。大人しく王座を降りると言うならそれ以上は何もせぬ」 ムキッ

魔王「だが、もし拒むと言うのなら、我が腹筋がお前の罪を裁くだろう!」 ムキムキッ

俺「じゃ>>55

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:11:34.702 ID:yom8ki0+0
あとよろしく

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:15:59.692 ID:7RUmyrfK0
俺「じゃあとよろしく」

魔王「え?」

俺「ほら、そろそろ飯の時間だから。母ちゃん呼んでるし。今晩カレーだって」

俺「じゃ!」

魔王「え?」

勇者「魔王覚悟!」 バーンッ

魔王「……え?」

魔王「え、師匠?」

勇者「君が魔王だな? 覚悟しろ!」

魔王「いやいや師匠! 我は貴女の弟子ですよ!?」

勇者「それはそれ! これはこれ!」 ブンッ

魔王「そんなぎゃああああああああああっ!!」

勇者「勝った! 世界の平和を取り戻した!」

勇者「めでたしめでたし!!」

勇者「異論は!!! 認めない!!!」

じゃあそれで。

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:25:09.530 ID:7RUmyrfK0
その後、俺は就活して正社員となり、出世はしないながらも真っ当に働いた。
母親の介護に苦労もしたが無事に看取り、今は悲しみを抱えながらも日々を生きている。

勇者は魔王を倒した褒賞金で物価の安い南の国に土地を買い、悠々自適に暮らしている。
ちなみに現地のイケメンを数人囲って優雅な逆にハーレムライフを送っている

戦士は新しい就職先の後輩(イケメン)を酔わせて逆レイプして妊娠、無事に結婚した。
産後は毎晩獣のような喘ぎ声をあげながら第二子を作ろうと頑張っている。

僧侶は10股の末に梅毒で死んだ。

魔法使いは褒賞金で起業してベンチャー企業の女社長をやっている。
ようやく軌道に乗りつつある会社に気が抜けたのか、部下の男に騙されて処女と財産を奪われて鬱になった。

腹心は混乱する旧魔王軍を整理・解体して民主国家を設立、今は首相の座に就いている。
軍隊も掌握し、今は着々と独裁体制を築きつつある。

魔王はしばらくして復活したけど、なんか生きるのが嫌になったから自殺した。
意外にそれほど悪い事もしていなかったので天国行き、「神様結構いい奴じゃん」と盛り上がりなんか天使になった。

 

おわり

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:26:53.321 ID:AiVPnzJea
なんやかんや魔王報われたな

64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:30:58.077 ID:w8vYbt7v0
よかった

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 01:31:58.601 ID:wl54N7210
めでたしめでたし

1 人がこのSSを高く評価しています

1

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

「魔王・勇者・ファンタジー」の記事一覧ページへ

「魔王・勇者・ファンタジー」カテゴリの最新記事

1 人がこのSSを高く評価しています

1

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

コメント