トップ > 魔王・勇者・ファンタジー > 魔王「フハハハハッ! よくぞ来たな、勇者よ!」
0 コメント1 件の高評価

魔王「フハハハハッ! よくぞ来たな、勇者よ!」

転載元:魔王「フハハハハッ! よくぞ来たな、勇者よ!」

1: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:06:42.71 ID:dxGPNkojo
勇者「フハハハハッ! 来てやったぞ、魔王!」

魔王「フハハハハッ! その度胸だけは誉めてやる!」

勇者「フハハハハッ! ほざけ、返り討ちにしてくれるわ!」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

 

魔王「返り討ちは私の台詞……」

勇者「あ、ごめん、つい……」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:10:15.02 ID:dxGPNkojo
魔王「フハハハハッ! そう落ち込むな、勇者よ! 間違いは誰にでもある!」

勇者「フハハハハッ! それもそうだな、魔王よ!」

魔王「フハハハハッ! まずは遠路はるばる来た勇者に冷たい氷水を与えてやろう! 感謝するがいい!」

勇者「フハハハハッ! いきなり氷責めで来るとは流石は魔王だな!」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

 

魔王「ネタバレした……」

勇者「あ……」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:11:19.21 ID:dxGPNkojo
勇者「フハハハハッ! ネタバレしたぐらいでダメになるような弱い魔法ではあるまい!」

魔王「フハハハハッ! それもそうだな! 我は最強だからな!」

勇者「フハハハハッ! さあ、かかって来い、魔王め!」

魔王「フハハハハッ! ならばお望み通り、氷の塊をくれてやる! 極大氷魔法!!」バッ

ドゴンッ!!!

勇者「フハハハハッ! この程度か、魔王よ! 極大炎魔法!」

ジュワッ!!

魔王「……え?」

勇者「フハハハハッ! 折角の氷が消えてしまったな! 魔王の実力はこの程度か!」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

 

魔王「頑張ったのに……」

勇者「あ……。ごめん……」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:11:52.98 ID:xw7vfb6+o
勇者「フハハハハッ! それなら次は俺の番だな!」

魔王「うん……」

勇者「あ、あの、ホントごめんな……」

魔王「平気……」

 

勇者「…………」

魔王「…………」

 

勇者「……大丈夫?」

魔王「……」コクッ

5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:12:30.43 ID:dxGPNkojo
勇者「フハハハハッ! では行くぞ!」

魔王「フハハハハッ! 来るがよい、勇者よ!」

勇者「極大風魔……うっ!」グラッ

魔王「フハハハハッ! いきなりどうした! 勇者よ!」

勇者「お腹痛い……」

魔王「え」

 

勇者「うぅっ……。急に痛くなって……」

魔王「……だ、大丈夫? 薬持ってこようか?」

勇者「大丈夫……。俺、勇者だし……。魔王に助けてもらうなんて恥だし……」

魔王「でも……。スゴい辛そうだよ……? やっぱり薬持ってきた方がいい?」

6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:13:12.08 ID:xw7vfb6+o
勇者「フハハハハッ! バカめ、油断したな! 食らえ、極大氷魔法!」バッ

ドガンッ!

魔王「てい」パシッ

勇者「あ」

 

魔王「…………」

勇者「…………」

 

魔王「騙した……」

勇者「いや、でも、戦いだし」

魔王「心配したのに……」

勇者「ご、ごめん……」

7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:13:42.86 ID:xw7vfb6+o
勇者「もうしないから……ね?」

魔王「……ホントに?」

勇者「うん。約束する」

魔王「……指切り」スッ

勇者「うん」スッ

 

魔王「指切りげんまん♪」

勇者「嘘ついたら針千本飲ーます♪」

魔王「指切った♪」

 

勇者「フハハハハッ! 覚悟しろ、魔王よ!」

魔王「フハハハハッ! ほざけ、返り討ちにしてくれるわ!」

8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:14:37.72 ID:xw7vfb6+o
< 勇者ちゃん、魔王ちゃん、お待たせー。ご飯が出来たわよー

勇者「ホント! 母さん!」

魔王「わーい!」トタタタッ

勇者「あ、待って!」トタタタッ

< あらあら二人とも元気ね。何して遊んでたの? また勇者魔王ごっこ?

勇者「うん! 俺、大きくなったら勇者になって魔王を倒すんだ!」

魔王「私はそのお手伝いで、大賢者になるの!」

< そう。それは凄いわね。二人とも、魔法の才能は天才的ですもの。大賢者なら夢じゃないかもしれないわ。でも、勇者はちょっと無理があるかなあ

勇者「何で? 俺、絶対強くなるよ!」

魔王「そうだよー。勇者は強くなるんだもの!」

< それでも無理よ。だって、今は魔王がいないんですもの。平和な世の中だからそれは無理なの

 

9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:18:40.53 ID:1O9X8nNDO
ほのぼのして笑った

10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/20(水) 02:36:46.23 ID:ti8IsVxAO
いい大人が何やってんだと思ったらちびっこかよ
一気に微笑ましくなったじゃねーか乙!

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 07:57:36.43 ID:NhSeX/GH0
いいねぇ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/20(水) 08:09:27.05 ID:9BsyrUMco
たまにはこういうほのぼのものも良い。素敵でした

元スレ>>16から続編あり(転載禁止なのでスレでお楽しみください)
魔王「フハハハハッ! よくぞ来たな、勇者よ!」

1 人がこのSSを高く評価しています

1

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

「魔王・勇者・ファンタジー」の記事一覧ページへ

カテゴリの最新記事

1 人がこのSSを高く評価しています

1

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

コメント