トップ > 魔王・勇者・ファンタジー > 勇者「姫の首の後ろを手刀でトンッとやったら動かなくなった」
0 コメント4 件の高評価

勇者「姫の首の後ろを手刀でトンッとやったら動かなくなった」

転載元:勇者「姫の首の後ろを手刀でトンッとやったら動かなくなった」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:03:02.781 ID:IzkS/12a0
魔王城――

勇者(地下牢に閉じ込められてた姫は救出したし、あとは魔王を倒すだけだ……)

勇者(この扉の向こうに魔王がいる……!)

勇者「姫、君はここで待っていてくれ」

姫「嫌です! 私も戦います! 私だって回復魔法は使えますもの!」

勇者「ありがとう、姫」

勇者「だけど、君を連れていくわけにはいかない」トンッ

姫「うっ……」ガクッ

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:06:06.199 ID:IzkS/12a0
勇者「姫……君を巻き添えにするわけにはいかないからね」

勇者「じゃあ行ってくる」

勇者「……?」

勇者(あれ……?)

勇者(もしかして姫……息してない……?)

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:07:03.152 ID:moShrige0
全身不随

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:07:19.301 ID:L7VlbEy90
そりゃ勇者の腕力でやったらそうなるよ

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:09:04.010 ID:IzkS/12a0
勇者(ウソだろ!? やべえ! メチャクチャやべえぞ!)

勇者「姫ぇぇぇ! 起きてくれ、姫ぇぇぇ!」ユサユサ

勇者「起きて起きて起きて起きて起きて!」ペチペチペチペチペチ

勇者(ダメだ! 全く起きない!)

勇者(どうしよう……どうしよう!)

勇者(せっかく陛下から姫救出を託されて、神様から神の剣を渡されて勇者になったのに)

勇者(このままじゃ俺は、勇者どころか姫殺害犯になっちまう!)

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:12:08.190 ID:IzkS/12a0
勇者(どうしよう……どうしよう……)オロオロ

 

 

魔王「勇者よ、さっきから待っているが、まだ来ないのか!?」ガチャッ

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:15:13.007 ID:IzkS/12a0
勇者「ゲ、魔王!?」

魔王「おお、ワシとの決戦前に姫と会話しておったのか。邪魔したな」

勇者「あ、ああ……姫とチューしてたんだ、熱いチューを」ブチュッ

魔王「お熱いことだ」

魔王「ならばワシは部屋の中で待つとしよう」

勇者「……」ホッ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:18:12.128 ID:IzkS/12a0
魔王「いやしかし、おかしくないか?」

魔王「なぜ、姫は勇者にキスされてるのに、なんの反応もないのだ?」

勇者「!」ギクッ

魔王「それに……なんかその姫、顔色が悪くないか?」

勇者「!!」ギクギクッ

魔王「もしかして……死んでるんじゃ?」

勇者「!!!」ギクギクギクッ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:20:11.501 ID:IzkS/12a0
魔王「ま、まさか……」

魔王「まさかお前、姫を殺したんじゃ――」

勇者「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」トンッ

魔王「うっ……」ガクッ

勇者「ふぅー、ふぅー、ふぅー、あぶねえ……」

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:21:15.351 ID:Y6N0D7E5r
魔王もかよ

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:23:04.373 ID:vfU0zBHD0
強すぎだろ

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:24:06.164 ID:IzkS/12a0
勇者(魔王が目覚める前に、姫をどこかに隠さなきゃ……)

勇者(――ん?)

勇者(あれ、もしかして……魔王も息してなくないか!?)

勇者「起きろ! 起きろ! 起きろ!」ベチッベチッベチッ

勇者「起きろぉっ!」バキッ!

勇者「ダメだ……起きない……」

勇者(やべえぞ、メチャクチャやべえ!)

勇者(姫と魔王、二人も殺したとなったら死刑確定じゃねえか!)

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:27:23.608 ID:IzkS/12a0
勇者(どうする……ごまかす方法を考えなくては)

勇者(俺が二人を殺したことを隠蔽する方法……何かないか?)

勇者(――そうだ!)

勇者(姫と魔王が相討ちになったことにすればいいんだ!)

勇者(俺がたどり着いた時にはすでに二人とも死んでたってことにすればいい!)

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:30:25.420 ID:IzkS/12a0
勇者(そうと決まれば、さっそく現場工作だ!)

勇者(まずは姫の死体に俺の剣を持たせて……)ササッ

勇者(魔王も姫の方を向いて倒れるようにしよう……)ズルズル…

勇者(これでよし!)

勇者(おおっ、姫と魔王が激戦の末、共倒れになったように見えるじゃないか!)

勇者(後はとっとと退散すれば……)コソコソ…

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:33:16.257 ID:IzkS/12a0
側近「魔王様! 生き残りの魔族を引き連れて援軍に参りました!」

 

 

勇者「なにぃぃぃぃぃぃ!!?」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:36:44.163 ID:IzkS/12a0
側近「勇者!?」

勇者「まだ魔王軍が残ってたのかよ……!」

側近「そこに倒れてるのは……姫と魔王様!」

側近(そうか、ここで勇者と魔王様が決闘をし、魔王様は敗れ――)

側近(巻き添えを食った姫も亡くなったということか!)

側近「貴様ァ、許さんぞ! こうなれば弔い合戦だ!」

勇者「許さない……? そりゃこっちのセリフだ!」

勇者「せっかく偽装工作が終わったところに大勢引き連れてやってきやがってぇぇぇ!」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:39:25.289 ID:IzkS/12a0
側近「かかれーっ!」

ワァッ!!!

 

勇者(こうなったら仕方ない……目撃者は生かしてはおけない!)

勇者(こいつら全員、首の後ろを手刀でトンッするしかない!)

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:41:08.729 ID:88JVo7Mu0
ワロタ

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:43:21.300 ID:IzkS/12a0
ゴーレム「ガアアアアッ!」

勇者「パワーはあるが遅い!」トンッ

ゴーレム「うっ……」ガクッ

 

魔女「喰らいなさい! あたしの魔法!」

勇者「呪文など唱えさせん!」トンッ

魔女「うっ……」ガクッ

 

ガーゴイル「ウギャアアアアアッ!」

勇者「やかましい!」トンッ

ガーゴイル「うっ……」ガクッ

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:46:26.328 ID:IzkS/12a0
側近「バカな……あれほどの軍勢を手刀だけで全滅させるとは……!」

勇者「残るはお前一人だ!」トンッ

側近「うっ……」ガクッ

勇者「ハァ、ハァ、ハァ……これでやっと全員倒したな」

勇者「さて……こいつら全員が相討ちになったように現場を工作しないと……」

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:49:57.756 ID:IzkS/12a0
勇者「ゴーレムの死体はここに置いて、と」ドサッ

勇者「側近はこっちに置いておくか」ドサッ

勇者「これでよし」

勇者「おお! 魔王城で悲惨な大乱闘があったように見えるじゃないか!」

勇者「陛下には、魔王は自軍の乱闘で自滅し、姫はそれに巻き込まれて死んだ、と報告すればいい!」

 

 

姫「……う」

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:54:20.437 ID:IzkS/12a0
姫「あら、ここは……?」ムクッ

姫(う、ん……記憶がはっきりしませんわ)

姫「まぁっ、魔物がたくさん倒れてますわ! ――魔王まで!」

姫「全て勇者様が倒して下さったのですね!」

勇者「……」

姫「勇者様……?」

勇者「なぜ、起きた……?」

姫「へ?」

勇者「なぜ起きた! 姫ぇぇぇぇぇ!!!」

姫「ひええええええええっ!!!」

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:57:19.123 ID:IzkS/12a0
勇者「とうっ!」トンッ

姫「うっ……」ガクッ

勇者「これでよし、と」

勇者「さあ、こんなところはとっととおさらばして、凱旋しよ――」

 

 

魔王「うぐぐ……」ムクッ

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:00:07.088 ID:IzkS/12a0
魔王「ここは……? ワシの城か」

魔王「ワシはどうしていたのだ? なんで部屋の外で寝ていたのだ? ……思い出せん」

魔王「む、そこに立っているのは勇者! 待っておったぞ、いざ勝負!」

勇者「寝てろ!」トンッ

魔王「うっ……」ガクッ

勇者「ったく手間かけさせやがって……」

勇者(いや待てよ? 姫と魔王が目を覚ましたってことは……)

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:04:39.234 ID:IzkS/12a0
ゴーレム「ウゴゴ……」ムクッ

魔女「いたた……」ムクッ

勇者(やっぱり! どんどん起きてきやがった!)

ガーゴイル「ウ、ン……」ムクッ

勇者「てめえら、全員寝てろおおおおおおおおおおおお!!!!!」

 

トントントントントントントントントントントンッ

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:07:07.592 ID:IzkS/12a0
勇者「はぁ、はぁ、はぁ……」

勇者(姫も、魔王も、残党軍も、全員倒れてるみたいだな)

勇者「さあ帰り――」

 

 

ザッザッザッ……

国王「勇者よ、王国軍を引き連れて援軍にやってきたぞぉぉぉぉぉ!」

国王「さあ、余とともに魔王軍を蹴散らすのじゃ!」

勇者「……」

59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:09:11.946 ID:IzkS/12a0
勇者「おい、国王」

国王「はい?」

 

 

勇者「なんできやがったあああああああああああああああああああああ!!!」

国王「ええええええええええええええ!!?」

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:12:22.076 ID:IzkS/12a0
勇者「チョップ!」トンッ

国王「うっ……」ガクッ

 

兵士A「勇者様、何を!?」

勇者「うるせ!」トンッ

兵士A「うっ……」ガクッ

 

兵士B「勇者様がご乱心したぞ!」

勇者「黙れ!」トンッ

兵士B「うっ……」ガクッ

62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:14:14.769 ID:IzkS/12a0
姫「あ、勇者様、私を助けにきてくれたの――」

勇者「また起きたのか!」トンッ

姫「うっ……」ガクッ

 

神「勇者よ、一部始終を天界から見ておったが、一体何をしてお――」

勇者「天国に帰れ!」トンッ

神「うっ……」ガクッ

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:17:15.615 ID:IzkS/12a0
ムクッ… ムクッ… ムクッ…

 

勇者(いくら手刀でトンッてやっても、前に寝かせた奴から次から次へと起きてくる!)

勇者(まるでモグラ叩きだ!)

勇者(だけど俺は諦めないぞ! 絶対諦めるものか!)

勇者(俺は諦めなかったから、勇者になれたし、魔王城までたどり着くことができたんだ!)

勇者「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

 

 

トントントントントントントントントントントンッ

69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:20:37.935 ID:IzkS/12a0
10日後――

 

シーン……

 

勇者「や、やった……」

勇者「不眠不休で……手刀をし続けた結果……」

勇者「やっと……みんなを眠らせること、できた……」

 

 

ドサッ……

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:23:34.759 ID:IzkS/12a0
ザワザワ…… ガヤガヤ……

 

魔王「これは一体どういうことなのだ!?」

魔王「なぜ、勇者は倒れていて、我が魔王軍と憎き王国軍の全軍が集結しておるんだ!」

魔王「人間の王よ、なぜだか分かるか?」

国王「そんなこと余に聞かれても……困る」

国王「生き残りの兵士を率いて、勇者に加勢しにいこうってとこまでは覚えておるんじゃが」

側近「神様、何かご存じですか?」

神「いや……わしもなんで自分が下界にいるのかすら忘れてしまっておる」

 

ザワザワ…… ドヨドヨ……

 

姫「みんなのバカァッ!!!」

72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:26:30.767 ID:IzkS/12a0
姫「なぜ王国軍も魔王軍も生きたまま集まっていて、勇者様だけ倒れているか?」

姫「そんなの決まってるじゃない!」

姫「勇者様は……勇者様は……」

姫「人間と魔族の全面戦争を体を張って止めてくれたのよ!」

姫「だから一人だけ倒れてしまってるのよ!」

魔王「な、なるほど!」

国王「そういうことだったのか!」

神「たしかにそれ以外に理由が考えられんな……」

73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:29:29.174 ID:IzkS/12a0
魔王「すまぬ、勇者よ……許してくれ!」

国王「人と魔族のいがみ合いは、もうやめましょうぞ……」

 

神「うむ、神の名において、人と魔の和解を宣言する!」

 

 

姫(これで世界は平和になった……)

姫「だけど、勇者様は……勇者様はっ……!」

74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:32:29.701 ID:IzkS/12a0
姫「勇者様……勇者様ぁっ……!」ポロポロ…

 

その時、姫が流した一粒の涙が、倒れている勇者の首の後ろに――

 

 

ポトンッ…

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:35:33.827 ID:IzkS/12a0
勇者「うっ……」ムクッ

 

姫「勇者様!?」

魔王「おおっ、勇者が生き返った!」

国王「なんと!?」

神「完全に死んでいたのに……まさに奇跡だ……!」

78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:38:10.931 ID:IzkS/12a0
「勇者様バンザーイ!」 「勇者バンザーイ!」 「バンザーイ!」

 

勇者「……?」

 

国王「よくやってくれた、勇者!」

魔王「お前のおかげで世界に真の平和が訪れたのだ!」

神「おぬしは神よりも偉大な存在だ!」

姫「勇者様、感想を一言お願いします!」

勇者「……」

 

勇者「首の後ろを手刀でトンッするのは非常に危険であることがよく分かりました」

 

 

おわり

82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:39:52.728 ID:JZ46aGg70
勉強になった乙

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:41:07.559 ID:X1yZi4l6r
世界を救った上に一つ賢くなった勇者乙

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:56:51.981 ID:TOmnfcJe0
こういうの好きだ

4 人がこのSSを高く評価しています

4

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

「魔王・勇者・ファンタジー」の記事一覧ページへ

カテゴリの最新記事

4 人がこのSSを高く評価しています

4

※ハートをクリックすると記事のポイントが上昇し、他の訪問者がカテゴリページなどの記事一覧から、高評価のSSを見つけやすくなります。

コメント